炭酸洗顔料で炭酸パック

Home  /  炭酸洗顔料で炭酸パック

炭酸パックという方法が少し前から流行っています。
炭酸ガスを使ったパック法で、自宅でも出来るのでやっている人は多いですね。
効果としては血行の促進やターンオーバーの正常化などで、だんだんシミやシワが気になって来たという人や乾燥に悩んでいるという人にとっては有効な手段です。
炭酸パックとして商品も売られているのですが、パック1回で1,000円から1,500円くらいするので、ちょっとコストが合わないと思っている人も多いようです。

確かに効き目があるとは言え、1回切りの使い捨てパックにそこまでお金をかけるとなると・・・ちょっと躊躇してしまいますよね。

そんな人には、基本的には洗顔用である炭酸洗顔料がオススメです。
洗顔料ですから、毎日の洗顔に使える上に、泡パックの効果もあるものがあります。

自分で作ることも出来る

炭酸でパックすることに本当に効果があるのかどうか疑問だという人は、まず最初は自分で材料を集めて自作してみるという手段もあります。
材料は必要ですので、ドラッグストアやクラフト店などで買い求める必要がありますが、グリセリンキサンタンガム、炭酸水があれば作れます。

炭酸水は市販のもの100mlで作ってみましょう。
グリセリンはインターネット通販でも買えますが、出来れば薬剤師に相談して購入するのがオススメで、1回分10ml程度です。
キサンタンガムは粘着性のために必要なもので、2.5gほど用意しましょう。

最初にグリセリンとキサンタンガムをしっかり混ぜて、最後に炭酸水を混ぜます。
ただ、炭酸水の二酸化炭素が抜けてしまうと意味がないので、ロック出来るポリ袋などを用意して、その中で混ぜ合わせるほうが良いでしょう。
後はちょくちょく混ぜ合わせながら冷蔵庫で3時間くらい冷やせば完成です。

炭酸洗顔料を選ぶ

良質な炭酸洗顔料であれば、プッシュするだけで濃密な泡の状態で出て来ます。
基本的にはそれを顔に塗り伸ばして1分ほど置いて、その後で荒い流すだけです。
コストパフォーマンスを考えれば確かに作ったほうが安いですが、かなり手間暇かかるのと、結局作り方がうまく行かないと二酸化炭素が抜けてしまってただのグリセリンになってしまうというデメリットがあります。

パックのみに出費するのは辛いですが、基本的に洗顔料なら絶対に使うものなので、気持ち的には納得しやすいですよね。
ただし選ぶ時に良いものを選ばないと刺激ばかりが強くて肌がうるおわないことになってしまうので注意しましょう。

page top